ASAKURA DISTILLERY

CRAFTED GIN Our journey
to be the best
世界一への挑戦
第1章 Jin 40

 2020年春。新型コロナウイルス感染症が拡大をはじめる中、全国的に消毒用エタノールが枯渇しました。安心安全な消毒用エタノールを製造し、少しでも皆様へお届けしたい。弊社では、蔵で熟成中だった米焼酎や麦焼酎を再度蒸溜することでアルコール度数を高め、アルコール度数66度の「ALC66」を製造いたしました。ALC66の原料は弊社自慢の米焼酎や麦焼酎100%ですから口にしても安心安全。むしろ非常においしかったため、何かに利用できないかと考え、ひらめきました。

 注目したのが、もともと薬用酒として造られ、飲まれていた「ジン」でした。 ジンはジュニパーベリーを中心に、ハーブや根菜などあらゆる植物原料をアルコールに漬け込んで香味を抽出し、蒸溜することで製造されます。ジュニパーベリー以外は使用する原料に制限がなく、多種多様な香味を自由に表現することができるジンは、まさしく“ワクワク”を体現するお酒といえます。

 実は、ジンの製造はこの少し前から試みていましたが、(アルコール度数の低い)焼酎に漬け込んでいたため香味成分の抽出が十分でなく、納得のいく品質のものは得られていませんでした。しかし、このたび得られたアルコール度数60度以上という高濃度のアルコールに漬け込むことで、目標とする香味を引き出すことに成功しました。

 この成功を下に、地域に根ざしたそれぞれの蒸溜所が工夫とこだわりを凝らして製造する「クラフトジン」の本格的な開発・製造を始めました。

Asakura Craft Gin
‘Jin40’ の誕生。

 ジュニパーベリー以外の副原料はすべて福岡県産にこだわり、ラベルに博多献上柄をあしらった弊社初のクラフトジンが、「Jin40」です。
 普段ジンを飲まない方にも飲みやすいようレモングラスの爽やかさを主体に、ペパーミントと八女茶で奥深さとまとまりを演出しています。
 原料は4種類(※1)と限界まで無駄を削ぎ落としつつ、浸漬の順序やタイミングにこだわることで各素材の香りと味を余すことなく抽出しました。

※1
Jin40ボタニカル4種
レモングラス、ジュニパーベリー、緑茶、ペパーミント

ウェブショップ
第2章 Freeee!!!

 Jin40は爽やかに飲めるジンとしてご好評を頂きました。そうすると、さらなる挑戦の気持ちが抑えられなくなりました。

 さあ、新たな挑戦の始まりです!

 「自由=Free(dom)」。
 今回の新しいジンを開発する上でのキーワードでした。
 コロナ禍の一年間あまり、世界中の人たちがままならない生活を余儀なくされています。できることなら、誰もが気兼ねなく外へ飛び出して、仲間とワイワイ楽しみたい気持ちを持っていることでしょう。ピクニックで一杯。バカンス先の海辺で一杯。仲間たちと屋外のBBQで乾杯!!!できることならば...

 上記の通り、ジンは様々なボタニカル(植物)を使って自由に表現できるもの。私たちにはすっかり縁遠くなってしまった大自然の中で、何事もなかったかのように咲き誇り、変わらぬ営みを続けている植物たち。植物たちの織りなすその自由なムードをそのままボトルに表現したい。そして閉塞感のあるこのコロナ禍で、少しでも多くの人にこのボトルを通じて自由を感じて欲しい。そう思ったのです。

Asakura Craft Gin ‘Freeee!!!’の誕生。

「自由」x「自然」x「ワクワク」= Freeee!!!

 使用したボタニカルは26種類(※2)。クラフトとして地元素材にこだわりを持ちながらも、本当に美味しいプロダクトを追求するため、世界各国から各地を代表する草花を厳選しました。
 世界各地の多様な草花の豊かな香味に加え、静岡県産の「桜」、熊本県八代産「晩白柚」、福岡県産イチジク「とよみつひめ」、福岡県八女産の「玉露」など、日本の四季を表現する香味が素晴らしいアクセントとなっています。


 ジン製造の要となるボタニカルの浸漬にあたっては、素材を7グループにわけて浸漬の順序やタイミングを調節し、素材の味と香りを極限まで引き出しました。

 花や果実の優しく甘い香りと伝統的な草木やスパイスの織り成す階層的な深い味わいは、トニック割はもちろんストレートでもおいしく楽しんで頂けます。

 2021年7月、いよいよ販売開始予定です!!

※2
Freeee!!!ボタニカル26種
ジュニパーベリー、イチジク、桜花、桜葉、晩白柚ピール、ローズヒップ、アップル、八女玉露、オレンジピール、ヒース、レモンピール、リコリス、スターフルーツ、ルイボス、アンゼリカ、カレンデュラペタル、シナモン、コリアンダー、アロマホップ、キャラウェイ、カモミール、アニス、ジンジャー、カルダモン、ユーカリ、ハニーブッシュ

ウェブショップ
第3章 Our journey to be the best
- 世界一への挑戦

 酒造業を行う私たちの目標は、世界一おいしいお酒を造り、多くの人にワクワクしていただくことです。弊社のジン(開発中、これから開発するもの)を日本のみならず、ジンの本場イギリス、オランダ、アメリカ等の国で飲んでいただくことです。そこで2020年末「世界一ジンプロジェクトチーム」立ち上げました。プロジェクトメンバーは朝倉蒸溜所のスタッフのみならず、福岡・日本を代表するソムリエの方々や、飲食業界、海外の酒類業界人を含みます。

 私たちの挑戦は始まったばかりです!